プロジェクト紹介

森林性鳥類のモニタリング


モニタリングサイト1000 陸生鳥類調査


 環境省ではモニタリングサイト1000事業の1つとして,森林の鳥類のモニタリングを行なっています。バードリサーチは,自然環境研究センター,日本野鳥の会と共にこの事業を受託しています。


コア・準コアサイトでの森林性鳥類調査


全国に配置された20のコアサイトと29の準コアサイトで調査を行っています。コアサイトでは毎年,準コアサイトでは5年に1回の鳥類調査を行なっており,毎木調査や落葉落枝の調査なども行なっています。
コア・準コアサイトのページ


一般サイトでの森林・草原性鳥類調査


全国420の一般サイトで5年に1度調査を行なっています。
一般サイトのページ


ニュースレターの発行




 調査の結果や陸生鳥類の最新情報などをまとめたニュースレターを年に2回発行しています
 ・ Vol.13 No.1(2021年9月発行)
 ・ Vol.12 No.2(2021年2月発行)  ・ Vol.12 No.1(2020年9月発行)
 ・ Vol.11 No.2(2020年1月発行)  ・ Vol.11 No.1(2019年8月発行)
 ・ Vol.10 No.2(2019年2月発行)  ・ Vol.10 No.1(2018年9月発行)
 ・ Vol.09 No.2(2018年2月発行)  ・ Vol.09 No.1(2017年9月発行)
 ・ Vol.08 No.2(2017年2月発行)  ・ Vol.08 No.1(2016年9月発行)
 ・ Vol.07 No.2(2016年3月発行)  ・ Vol.07 No.1(2015年9月発行)
 ・ Vol.06 No.2(2015年2月発行)  ・ Vol.06 No.1(2014年8月発行)
 ・ Vol.05 No.2(2014年3月発行)  ・ Vol.05 No.1(2013年9月発行)
 ・ Vol.04 No.2(2013年2月発行)  ・ Vol.04 No.1(2012年9月発行)
 ・ Vol.03 No.2(2012年1月発行)  ・ Vol.03 No.1(2011年9月発行)
 ・ Vol.02 No.2(2011年2月発行)  ・ Vol.02 No.1(2010年8月発行)
 ・ Vol.01 No.2(2010年1月発行)  ・ Vol.01 No.1(2009年7月発行)


 毎年のレポートのほかに,これまでのとりまとめ報告書を発行しました。
  第2期取りまとめ(71MB)
  第3期取りまとめ(24MB)



パンフレット

東アジア陸生鳥類モニタリングスキームへの協力
日本のモニタリングサイト1000陸生鳥類調査は、アジア地域で唯一、国で統一された調査として評価されており、日本、中国、韓国、ロシアが参加する「東アジア陸生鳥類モニタリングスキーム」において、モニタリングの基礎データとしての活用が検討されています。当調査への参加は、アジアの陸生鳥類保全への貢献につながります。

日本語版   ○英語版


論文



Ueta M (2020) Avifauna at Ooyamazawa: Decline of Birds that Forage in Bushy Understories. Sakio H (ed) Long-Term Ecosystem Changes in Riparian Forests. Springer Open Access.
植田睦之(2019)森林に設置したICレコーダで録音聞き取りした森林性鳥類のさえずり頻度のデータ.Bird Research 15: R1-R4.
植田睦之ほか(2019)シカの下層植生摂食の影響が宿主を通して托卵鳥へ.Bird Research 15: S11-S16.
Kawamura et al. (2019) Seasonality in spatial distribution: Climate and land use have contrasting effects on the species richness of breeding and wintering birds. Ecology and Evolution https://doi.org/10.1002/ece3.5286
植田睦之ほか(2014)全国規模の森林モニタリングが示す5年間の鳥類の変化. Bird Research 10: F3-F11.
植田睦之(2014)温度ロガーをもちいたヤマガラの繁殖時期のモニタリング. Bird Research 10: F21-F25.
植田睦之・福井晶子・山浦悠一・山本裕(2011)全国的な生態観測調査「モニタリングサイト1000」で見えてきた日本の森林性鳥類の分布状況. 日本鳥学会誌 60: 19-34.


調査マニュアル


第1期(2004~2007)のラインセンサスのマニュアル
第2期(2008~)のコアサイトのマニュアル

調査の研修会動画

   ・モニタリングサイト1000とは
   ・一般サイトの成果
   ・コアサイト/準コアサイトの成果
   ・鳥類調査の方法
   ・模擬調査実習
   ・植生調査の方法