イベント


バードリサーチ鳥類学大会

 2020年、新型コロナウイルス感染症が拡大し、調査・研究に関して対面で議論する学会大会や交流会などの機会がことごとく失われた年に、全国の研究者やバードウォッチャーの研究発表や議論、交流の場を確保しようと企画したオンラインイベントです。
 対面でのイベントも戻ってきましたが、全国から気軽に集えるオンラインの良さを活かして今後も続けていけたらと思います。たくさんの方のご参加をお待ちしております。


鳥類学大会2022 JBRA Ornithological Conference 2022


協賛 一般社団法人ヒマラボ
  • 日  程 2023年1月7, 8日(土,日)
  • 時  程 予定(7日:ポスター発表、自由集会、懇親会、8日:ポスター発表、口頭発表)
  • 場  所 オンライン(Webサイト、oVice、YouTube、Zoomを利用予定)
  • 参加申込 発表者・自由集会企画者 は12月13日締切(6日から変更しました) 参加のみ は1月4日締切
    参加申し込み時にクイズを募集します。出題してくださる方は、鳥に関する○×問題を考えてから、参加申し込みに進んでください。
  • 発表タイトル・要旨提出 12月19日締切 (要旨は250文字以内 テキストのみ)
  • ポスター発表のファイル提出 12月26日締切
    (PowerPointスライド等を6-12枚をPDFにしたもの または A0ポスターのPDF)
  • 発表方式 ポスター発表:oVice 自由集会・懇親会:zoom 口頭発表:YouTubeライブ配信
  • 内  容 新しい方法で鳥の世界を見せてくれる研究や鳥の保全に関係する研究には多くの人が心を動かされます。一方、マイフィールドでの地道な記録の積み重ねや、そこから得られるインスピレーションもとっても大事。いろいろな立場で研究をする人、調査研究に興味をもつ人、研究成果から学びたい人など多様な人が鳥の調査や研究について、気軽に議論できる場を提供します。なにか、オンラインならではの楽しめるイベントも企画したいと思っています。
  • twitter # #鳥類学大会
  • 会  場 大会Webサイト エントランス  随時更新します

  • ボランティア・アイデア募集
    大会の運営に協力してくださる方を募集しています。
    併せて、イベントのアイデアも募集しています。ぜひ、ご協力ください。

担当:高木憲太郎、植村慎吾
e-mail:


過去のオンライン大会

鳥類学大会2021 JBRA Ornithological Conference 2021


鳥類学大会2020 Online JBRA Ornithological Conference 2020 Online

  • 日  程 2021年12月19, 20日(土,日)
  • 時  程 19日10:00–20:00 20日10:00-16:30
  • 場  所 オンライン(Webサイト、YouTube、Zoom)
  • 主催協賛 主催:NPO法人バードリサーチ 協賛:一般社団法人ヒマラボ
  • 後  援 後援:日本鳥学会、日本鳥類標識協会、公益財団法人日本野鳥の会、公益財団法人山階鳥類研究所
  • 参加者数 参加484名 発表28件 自由集会3件 テーマトーク13件
  • twitter # #鳥類学大会2020
  • 要旨集 バードリサーチ鳥類学大会 2020 Online 講演要旨集
  • 報  告 ニュースレター2022年1月: 4