論文・学会発表



2018年度

発表論文



  • 学術誌
    • 荒奏美・三上かつら・三上修 (印刷中)ハシボソガラスの投下法によるクルミ割り行動.日本鳥学会誌.
    • 荒奏美・三上かつら・三上修(印刷中)函館市におけるハシボソガラスのクルミ割り行動:ある個体の学習過程の事例.Strix.
    • Bojarska K, Kuehn R, Gazda M, Sato NJ, Okahisa Y, Tanaka KD, Attisano A, Gula R, Ueda K & Theuerkauf J (2018) Mating system and extra-pair paternity in the Fan-tailed Gerygone Gerygone flavolateralis in relation to parasitism by the Shining Bronze-cuckoo Chalcites lucidus. PLOS One
    • 三上潔・三上かつら(印刷中)カンムリカイツブリでみられた交尾行動の逆転. Strix.
    • 田中正彦・三上かつら(印刷中)標識データからみた北海道亀田郡七飯町の休耕田を通過する鳥類.日本鳥類標識協会誌.
    • Tanaka M & Mikami K(in press)The first ringing record of Sedge Warbler Acrocephalus schoenobaenus in Japan. The Bulletin of the Japanese Bird Banding Association.
    • 内田博・三上かつら( 印刷中)都幾川におけるイカルチドリの繁殖失敗の要因. Strix.
    • 植田睦之・嶋田哲郎・内田 聖・杉野目斉・高橋佑亮・時田賢一・三上かつら(2018)GPS 発信機で追跡したオオハクチョウの位置情報のデータ. Bird Research 14: R1-R4.
  • その他
    • 神山和夫(2018)ツバメの翼と尾羽の形のなぞ.Birder 2018年5月号
    • 神山和夫(2018)ツバメの巣との共存.Birder 2018年5月号
    • 三上かつら(2018)アトリ界の変わり者,イスカの謎多き冬暮らし.Birder 2018年2月号
    • 三上かつら(2018)イスカ.野鳥 2018年5月号 (824): 8-9.
    • 植田睦之(2018)規則正しいジョウビタキの渡り.Birder 2018年1月号
    • 植田睦之(2018)聞かれなくなったコジュケイの声.Birder 2018年3月号
    • 植田睦之(2018)聞かれなくなったヒバリの声.緑と水のひろば
    • 植田睦之・池野進(2018)土地利用の歴史が鳥類の分布に反映? 水戸市で詳細分布調査.日本野鳥の会茨城県会報ひばり 2018年1月号

学会発表等

  • 第65回日本生態学会大会
    • 植田睦之 キャリア支援フォーラム 「多様な職場で自然を研究する」

  • 第129回日本森林学会大会
    • 河村和洋・山浦悠一・先崎理之・植田睦之・中村太士.鳥類分布の季節性:繁殖期と越冬期で対照的な気候と土地利用の種数への影響

マスコミ報道等
  • 移動追跡調査
    • 渡り鳥にGPS送信機 県とNPO法人鳥インフル対策で.読売新聞 2018年1月5日