プロジェクト紹介

シロチドリ繁殖状況調査


シロチドリは今?


 シロチドリは、チドリ目チドリ科に属するヒバリ大ぐらいの鳥です。
 背中は淡褐色で、腹部は白く、額から目の上(眉斑)が白色です。足が長いので、立っているような姿勢に見えます。クチバシは短く、大きな目で餌を探していて、干潟にしばらく留まっては、さっと走り出して餌をつまんで捕らえます。
 ほぼ全国で繁殖しますが、北方の個体は冬期に南方へ移動してしまうことが多いようです。本来、砂浜や砂州で繁殖することが多いのですが、造成中の埋め立て地などの砂礫地でも繁殖します。巣は、貝殻や小石など集めた簡素な巣を地面につくり、3個ほどの卵を産みます。
  
○シロチドリの現状
 シロチドリの個体数は、1974-85年から2000-03年の間の変化率をもとめた報告では、春期で-75%、秋期で-88%と極端に減少しています(天野,2006)。また、近年のシロチドリの傾向をモニタリングサイト1000の調査による春期、秋期、冬期での一斉調査期間のデータでみると継続して減少しており、大きく増加する傾向にはありません(図1)。原因としては,繁殖場所となる砂浜の減少のほか、生息地のレジャー利用による人やペットの接近、車両による営巣地の撹乱、ノイヌやカラスなどによる捕食などが繁殖失敗の要因としてあげられています。
 そのような状況で、2012年8月、第4次のレッドリストの改訂が環境省から発表され、シロチドリは絶滅危惧Ⅱ類に指定されました。また、各県のレッドデータ でも絶滅が危惧される種として記載されるようになってきています(表1)。これは大きな成果とも言えますが、危機的な状況が認識されたに過ぎません。今後、効果的に保全を行なっていくには、繁殖するための条件や優先的に保全すべき場所を抽出し保全していく必要があります。
 しかしながら、全国的な繁殖状況については、2002年の鳥類繁殖分布調査(第6回自然環境保全基礎調査:環境省)以降実施されていません。

図1 シロチドリの季節別の個体数の経年変化.

  一斉調査期間(春期:4月中旬,秋期:9月初旬,冬期:1月中旬)           における2週間の期間内に集計された個体数.(環境省 2014)

  
表1 各県のシロチドリのレッドリスト記載状況
絶滅危惧Ⅰ類相当 
千葉県、三重県
絶滅危惧Ⅱ類相当 岩手県、栃木県、東京都、神奈川県、静岡県、石川県、福井県京都府、大阪府、徳島県、山口県
準絶滅危惧相当  秋田県、山形県、茨城県、群馬県、山梨県、愛知県、岐阜県、富山県、和歌山県、香川県、島根県、福岡県、大分県、長崎県、宮崎県、沖縄県

参考文献 天野一葉(2006)干潟を利用する渡り鳥の現状。地球環境Vol.11,No2(215-226)
     環境省生物多様性センター.2014.モニタリングサイト1000 データファイル「モニタリング1000シギ・チドリ類調査」:
        ホームページ 2014.01.01 http://www.biodic.go.jp/moni1000/findings/data/index_file_shorebird.html).

シロチドリ繁殖調査の方法


○シロチドリ繁殖調査の方法
 前回までの生息状況調査では各地から情報が寄せられました。ありがとうございます。寄せられた情報や文献調査から、海岸部や河川、また人工海浜などに全国的に分布していることがわかりました。
 今回は一歩進めて、生息密度・繁殖環境の調査も含めた繁殖状況調査を行いたいと考えています。
 ぜひご協力いただければ幸いです。結果は、下部にある情報送信フォームよりお送りください。

○シロチドリ繁殖状況調査の方法
調査時期 5~7月頃 シロチドリの繁殖期で渡りの個体があまり混ざらない時期
調査方法 1.調査地の砂地の広さを調べます。
  ◯例えば砂浜では
                砂浜を調査した距離
                      ✕ 
                    砂浜の幅
     満潮時の汀(漂流物が打ち上がったりしています)から砂浜の端(堤防や砂防林)まで。
           

     ※距離を測るには、歩幅を事前に測っておくと便利です。
     ※川から川など、空中写真で確認できる目印を選んでおくと、後から地図からも測れます

2.調査地を歩き、シロチドリの成鳥オス・成鳥メス数を数えます。
    オスは額の上が黒く、後頭部が橙色です。
    幼鳥はメスに似ていますが、より褐色で羽にバフ色のウロコ模様があります。

   

  生息状況(つがいでいた・卵・ヒナがいた・幼鳥がいた・シロチドリがいなかった)も確認します。

3.もし、卵やヒナがいたら周辺の簡単な繁殖環境を調べます(1ヶ所)。
   植生(密生している・半分ほどある・まばら・ない)
   土質(砂のみ・砂に小石が混じる・小石のみ・その他)

4.調査のために砂浜を歩いたがシロチドリがいなかった場合も、調査地の広さを報告してください。
   (どんなところにシロチドリがいなかったかのデータになります。)

5.人の活動の場と重なることもあります。
   調査中に出会った人の数・何をしていましたか?

調査用紙  野外調査時にご利用ください。

 
なお、シロチドリの繁殖を邪魔しないように、長時間、営巣地周辺にとどまることは避けてください。




お問い合わせ先


 シロチドリ調査についてのご質問は、バードリサーチの守屋
)へお問い合わせ下さい。