研究誌 > Bird Research Vol.18 2022

全文はWebサービスあるいはJ-stageより普通会員Aと賛助会員の方のみご覧になれます。要約はどなたでもご覧になれます。論文1本のみ購入されたい方は,ページ下部よりお申し込みください。

BirdResearch Vol.18 2022 ISSN 1880-1595
  編集者: 植田睦之  英文編集者: Jason Minton  黒沢令子
原著論文
中部日本のスギ林に生育するキイチゴ属3種の量的に有効な種子散布者
 西野貴晴・北村俊平 (A1-A19)
[要約]
ジョウビタキが営巣場所として換気扇フードを好む理由
 山路公紀・石井華香 (A21-A29)
[要約]
都市環境において2種のカラスが観察される高さの違い
 仲村翔太・森 荘大郎・三上 修 (A31-A37)
[要約]
関東南部でカラーリングを装着したカワウの観察記録
 福田道雄・加藤七枝 (A39-A50)
[要約]
2種類の全国調査にもとづく繁殖期の森林性鳥類の分布と年平均気温
 植田睦之・山浦悠一・大澤剛士・葉山政治 (A51-A61)
[要約]
森林性鳥類のさえずり時期に気温や降水量が与える影響
 植田睦之・堀田昌伸 (A63-A70)
[要約]
AI技術による鳥類の鳴き声モニタリング手法の検討〜サシバを事例として〜
 前川侑子・田口華麗・牛込祐司・佐藤匠・小林啓悟・芳賀智宏・町村尚・東海明宏・松井孝典 (A71-)
[要約]
 
短 報
ヒクイナの香川県および徳島県における越冬状況
 籠島恵介 (S1-S4)
[要約]
山形県山形市蔵王温泉におけるジョウビタキの繁殖
 深瀬徹*・簗川堅治・高橋ゆう・吉村晶子 (S5-S8)
[要約]
道央圏における2020年秋期のタンチョウの生息状況
 正富欣之1,2・小山内恵子 (S9-)
[要約]
 
調査データ


編集にあたり、以下の皆様のご協力をいただきました。お礼申し上げます。(五十音順,敬称略)
神谷要,玉田克巳,出口智広,東條一史,直江将司,平野敏明,堀江明香,益子美由希,松原始,宮崎久恵,森下功啓,山路公紀

論文は普通会員Aにご入会いただければ,全て読むことができますが,1本のみ購入(¥300)したい場合は以下より,クレジットカード決済でお申し込みください。決済完了後,決済時にご記入いただいたメールアドレスにPDFファイルを送付させていただきます。

購入したい論文タイトルをご記入ください