さえずりナビ(スマートフォン/PC用の鳴き声図鑑+記録データベース)

フィールドノートについて 質問と回答

データの一般公開について

他の利用者に公開したくない記録があります
スマホ/PC版では、種を入力する画面で非公開にチェックしておくと、他の利用者には表示されません。非公開設定は任意の調査地の記録すべて、または公開している調査地の種ごとに指定できます。PC版で入力した記録は、スマホ/PC版の画面で公開設定しない限りは非公開です。

希少種の生息地が公開されませんか?
以下の種の記録は、公開設定になっている場合でも、入力した利用者以外に表示されることはありません。
ミサゴ サシバ アカショウビン ハチクマ ノスリ ヤマセミ オジロワシ オオノスリ クマゲラ オオワシ ケアシノスリ チョウゲンボウ チュウヒ イヌワシ コチョウゲンボウ ハイイロチュウヒ クマタカ チゴハヤブサ ツミ ハヤブサ ハイタカ シマフクロウ ヤイロチョウ オオタカ トラフズク サンコウチョウ ハイタカ類 コミミズク

私が登録した調査地が他の人に表示されません。
スマホ/PC版の地図に表示される調査地の位置情報は深夜0時に生成されます。そのため、新しく作成した調査地は翌日にならないと他の利用者には表示されません。既存調査地に追加した記録は、すぐに全利用者から閲覧可能になります。

バードリサーチはどのように記録を利用するのですか?
皆様の記録は野鳥の研究と保護のための貴重なデータです。バードリサーチでは、鳥類繁殖分布調査などの情報源として、皆様の記録を利用させていただきます。なお、種の詳しい位置を明らかにしたり、野鳥の保護に反する目的で記録を利用することはいたしません。

データ入力について

調査地はどのくらいの位置精度で登録するのがよいでしょう(スマホ/PC版)
環境がひとまとまりと考えられる範囲の中心に調査地アイコンを置くことをおすすめします。鳥を見た場所ごとに調査地を作ると、調査地アイコンが増えすぎて整理に困ることになります。

入力済みの調査地を移動したり、統合することはできますか?
PC版フィールドノートで可能です。調査地の移動は「定点調査地管理」画面で行います。野鳥記録を別の調査地に移すことは「野鳥カード管理」画面で行います。

野鳥の記録がExcelに入っているのですが、フィールドノートに変換できますか?
PC版の「Excelクロス表読み込み」「Excelリスト票読み込み」の機能で変換できます。Excelのデータを所定の形式に整形する必要がありますので、PC版フィールドノートの該当画面にある説明をご覧下さい。

バードリサーチの参加型調査のデータを入力できますか?
PC版フィールドノートには、ベランダバードウォッチと季節前線ウォッチを入力するための専用フォームがあります。今後は、スマホ/PC版で入力できる調査を増やしていく予定です。

フィールドノートに保存したデータをすべてダウンロードできますか?
PC版の種名検索画面で、種名を空欄にして検索すると、すべてのデータをダウンロードすることができます。

野鳥記録を入力する画面で「種名から検察して追加」を選んだとき、入力したい亜種が表示されません。
種名を検査すると対応する亜種名を表示しているのではなく、名前が一致する種・亜種を表示しているだけです。目的の亜種を検索するには、その亜種名を入力してください。

「種名が正しくありません」というエラーが表示されます。(PC版)
システムに設定されている種名リストにない種は入力できません。不足している種を随時追加していますので、入力できない種があれば、バードリサーチの神山までお知らせ下さい。スマホ/PC版では種名リストにない種は、入力の選択肢に表示されません。

野鳥以外の生きものを入力できますか?
日本産のカエルはシステムの種名リストに登録されているため、全種入力することができます。

データベースのバックアップはどのようになっていますか?
毎日深夜に自動バックアップをしていますので、万が一システムに障害が起きた場合も、一日前のデータに復元されます。フィールドノートのサーバーは、国内大手のデータセンターにホスティングされています。

スマートフォン/PC版とPC版のフィールドノートとの違い

PC版の方が古くから公開されていました。スマホ/PC版とPC版のどちらで野鳥記録を入力しても同じデータベースに保存されますが、両者はデータの扱いが少し異なるのでご説明します。

データの一般公開
PC版フィールドノートは、これまでデータを一般公開しないルールで運用してきました。一方、スマホ/PC版ではデータの一般公開が初期設定になっています。PC版フィールドノートで入力した記録はスマホ/PC版の地図画面で一般公開されませんが、調査地ごとに公開する設定に変更することができます。

データの表示

  • PC版フィールドノートに入力した調査地は、スマホ/PC版の編集モードで、自身の調査地を意味する橙色アイコン(非公開状態)で表示されています。他の利用者には見えていません。
  • 一方、スマホ/PC版の地図画面で入力した調査地は編集モードでは黄色いアイコンで表示されます。こちらは種の入力画面で非公開指定をしない限り、他の利用者に表示されます。
  • さえずりナビの地図画面で新規に登録した調査地は、従来のフィールドノートでは「定点調査地」として表示されます。


調査地の削除
スマホ/PC版で調査地を削除すると、調査地とそこに記録されている野鳥データがすべて削除されます。PC版では「定点調査地」と「一度きりの調査地」という二種類の調査地タイプがあります。「定点調査地」とは野鳥記録を入力するときに調査地一覧から選択できる調査地です。クロス集計を使うには「定点調査地」にしておく必要があります。PC版で「定点調査地管理」画面で調査地を削除しても、調査地は「一度きりの調査地」に変更されるだけで野鳥記録は削除されません。スマホ/PC版では調査地タイプという概念がありませんが、スマホ/PC版で登録した調査地をPC版で見ると「定点調査地」になっています。