青森県津軽地域における繁殖期のチゴハヤブサの採食内容

Bird Research 17: A1-



 青森県津軽地域で繁殖したチゴハヤブサについて,2018年の5巣と2019年の7巣を対象に,食痕とペリットの内容分析から採食内容を推定した.また,2019年には1巣について,巣内育雛期と巣立期の動画撮影から給餌内容を推定した.食痕から推定された食物は,鳥類21科32種,哺乳類1科3種,昆虫類14科24種で,鳥類と昆虫類が大部分を占めた.鳥類ではカワラヒワ(鳥類中18.3%),ツバメ(同17.9%),コムクドリ(同15.3%),スズメ(同14.1%)が多く,昆虫類ではセミ科(昆虫類中52.8%)とトンボ目(同44.1%)が多かった.また,哺乳類はすべてコウモリ類だった.動画撮影で推定されたヒナへの給餌では,昆虫類(145個体)が鳥類(23個体)を大きく上回った.これらの結果から,津軽地域のチゴハヤブサは営巣地周辺に多く生息する鳥類や昆虫類を主に利用していることが示唆された.

キーワード: 繁殖生態,チゴハヤブサ,給餌頻度,食痕,ペリット,動画撮影




瀬戸内海南縁部におけるオオミズナギドリの新繁殖地

Bird Research 17: S1-S8


関 伸一・安田雅俊

 瀬戸内海の南縁にあたる豊予海峡の高島(大分県)でオオミズナギドリ Calonectris leucomelas の新たな集団繁殖地を発見した.内部に土砂の堆積がなく過去数年以内に利用された可能性のある巣穴の確認数は122個,既知の巣穴の分布範囲の面積は0.28haであった.北側には瀬戸内海唯一の繁殖地である宇和島,南側の豊後水道には沖黒島,小地島がいずれもほぼ等距離に位置しており,高島はこの地域の小規模繁殖地の存続と遺伝子流動において重要となるかもしれない.繁殖地に設置した自動撮影カメラでは巣穴に出入りするオオミズナギドリとともに,捕食者となる可能性のあるクマネズミ属の種 Rattus sp.,特定外来生物であるクリハラリス Callosciurus erythraeus,ハシブトガラス Corvus macrorhynchos が撮影された.高島のクリハラリスは継続的な捕獲により個体数が減少傾向にあるが,その影響でクリハラリスと食物の一部が競合するクマネズミ属の種が増加する可能性があり,今後の経過をモニタリングする必要があるだろう.

キーワード: オオミズナギドリ Calonectris leucomelas,新たな繁殖地, 九州東岸, 外来捕食者




「鳥獣関係統計」で収集された全国の傷病鳥の保護数のデータ

Bird Research 17: R1-R3


植田睦之

 環境省は,「鳥獣関係統計」として,全国の都道府県で保護された傷病鳥の情報を公開している。その情報は,日本の鳥の状況を把握するためにも有用な情報と考えられるので,ここにデータベースとして公開した.

データダウンロード: http://www.bird-research.jp/appendix/br17/17r01.html

キーワード: 傷病鳥,鳥獣関係統計,オオタカ,ミサゴ,サシバ