GPS-TXによって明らかとなった越冬期のオオハクチョウ,カモ類の環境選択

Bird Research 14: A1-A12


嶋田哲郎・植田睦之・高橋佑亮・内田 聖・時田賢一・杉野目 斉・三上かつら・矢澤正人

 GPS-TXは発信機内のGPSにより得た位置情報を無線で受信機に送信し,受信機で記録を残すシステムである.位置精度の誤差は6m,測定範囲は平地など開けた環境では受信機の位置を中心に半径10km以上の範囲をカバーするため,開けた環境で活動するガンカモ類を詳細に追跡するときに有効である.またGPS-TXではリアルタイムに位置情報を取得することができるため,位置情報をえられた時点の環境をすみやかに確認できる利点もある.こうした特性を生かし,2015/16年と2017/18年の越冬期における伊豆沼・内沼周辺のオオハクチョウCygnus cygnus,オナガガモAnas acuta,マガモ A. platyrhynchos の環境選択をGPS-TXによって明らかにした.オオハクチョウは昼行性でハス群落の分布する岸よりの水面や給餌場所に滞在したほか,沼周辺の農地でも活動した.オナガガモは昼行性,夜行性いずれの特徴もみられ,2015/16年では,給餌場所を中心に分布しながらも,沼の北部から東部の農地へ夜間移動した例もあった.夜間に移動した農地までの距離は伊豆沼から平均2.5kmであった.2017/18年では,給餌場所を中心に分布し,昼間は餌付けがなされる駐車場付近に多く,夜間は給餌場所の奥まったヨシ群落周辺に分布した.マガモは夜行性で,オスメスとも伊豆沼西部に滞在し,夜間沼北部の農地へ移動した.夜間に移動した農地までの距離は伊豆沼から平均4.5kmであった.農地における土地利用をみると,オオハクチョウとオナガガモは乾田を,マガモは湛水田を選択した.GPS-TXはガンカモ類の環境選択を明らかにするときに有効な手法であり,さらに多くの種の追跡を行うことでそれらの越冬生態を明らかにすることができると考えられる.

キーワード: 伊豆沼・内沼,オオハクチョウ,オナガガモ,環境選択,GPS-TX,マガモ




渡良瀬遊水地における繁殖期のサンカノゴイ雄の減少

Bird Research 14: A13-


平野敏明

 サンカノゴイ Botaurus stellarisの雄の確認個体数の変動を明らかにするために,栃木県南部の渡良瀬遊水地で2008年から2017年の3月下旬から6月に,声に基づいた生息調査を実施した.遊水地の3つの調節池を通る全長15qのコースを設定し,おもに日の出前2時間から日の出後1時間の間に声の有無を記録した.サンカノゴイの雄は毎年1-5羽が記録されたが,年とともに有意に減少し,2013年以降は1-2羽のみとなった.第1調節池では最高4羽が記録され,記録回数を調査回数で除した生息確認率は他より高かった.雄の確認地点の滞水湿地の面積は,多くが2ha以下と狭く,水深は20p以下と浅かった.遊水地は1,500haがヨシやオギの高茎植物で覆われているが,水の多いヨシ原は著しく少ない.そのため,サンカノゴイの生息地としてはあまり適していないと考えられた.一方で,2016年と2017年に雄1羽が湿地再生事業で新たに掘削された池で記録された.湿地再生事業による新たな池の造成は,本種の新たな生息環境の創出に寄与すると考えられた.

キーワード: 発声雄,サンカノゴイ,生息環境,渡良瀬遊水地




四国西部におけるサンジャクの野生化

Bird Research 14: S1-S5


佐藤重穂・濱田哲暁・谷岡 仁

 四国地域の野外で観察されたサンジャク Urocissa erythrorhyncha の記録をとりまとめた.アジア大陸原産のカラス科に属するサンジャクは飼育個体の逸出に由来すると考えられる個体が四国西部で2000年から記録されており,2017年までに33件の記録が収集された.観察された環境は二次林が多く,針葉樹人工林と農耕地でも確認された.2015年と2016年には幼鳥と巣立ちビナが観察された.本種は四国西部に定着し,低地の広い範囲に生息していると考えられた.

キーワード: カラス科,外来種,四国,サンジャク





ドバトの羽色多型における地域差と,新聞記事に見られる経年的変化

Bird Research 14: S7-


室本光貴・三上 修

 ドバト Columba livia var. domestica は羽色に表現型多型が見られ,世界的に多くの研究が行なわれている.しかし日本では,ここ約40年ほど調査が行なわれていない.そこで本研究では,東京と大阪でドバトの羽色の割合を調査した.その結果,東京のドバトは灰二引と言われるタイプが少なかった.また東京については,過去の新聞記事の画像より,ドバトの羽色を年代ごとに解析すると,現代へ近づくにつれて灰二引が減っていることが明らかになった.

キーワード: 羽色多型,黒色化,侵略的外来種,都市鳥,ドバト





GPS 発信機で追跡したオオハクチョウの位置情報のデータ

Bird Research 14: R1-R4


植田睦之・嶋田哲郎・内田 聖・杉野目斉・高橋佑亮・時田賢一・三上かつら

 本論文は宮城県内沼でGPS 発信機を装着された1羽のオオハクチョウ Cygnus cygnus の越冬期から春の渡りにかけての移動経路のデータ公開の論文である.今回,GPS 発信機により得られたデータは,オオハクチョウの渡り経路,そして越冬地内での動きを見るうえでも貴重な情報であり,こうした情報は,現在問題になっている鳥インフルエンザの対策や風力発電施設建設でのハクチョウ類への影響の検討などにも有用な情報と考えられるため,ここに公開する.

キーワード: オオハクチョウ,渡り,越冬生態,GPS発信機